テクノロジー観測所

Technology Observatory(テクノロジー観測所)は"初心者を卒業した(い)"人を対象とする情報サイトです。

Windows10でスタートから消えた「コントロールパネル」をカンタンに呼び出す方法

この記事は約52秒で読めます

windows10_control_panel

Windows10で「コントロールパネル」はスタートメニューに表示されなくなりました。

さらにCreators Updateでスタートボタンの右クリックメニューからも消えてしまいました。

このままでは開きたくなるたびに検索せねばならず、不便です。そこでスタートメニュー内に「コントロールパネル」を復活させる方法をご紹介します。

Cortanaのローカル検索を使ってコントロールパネルを探そう

cortana_local_search

スタートボタンの隣に置かれたコルタナを起動すると、コンピュータ内のファイルを探すローカル検索ボックスを使えます。

ここにカタカナで「コントロールパネル」と入力すると見つかります。

でも待って!まだクリックはしません

右クリックしてスタート画面にピン留めしよう

pin_start_menu

「コントロールパネル」を右クリックして「スタート画面にピン留め」を選びます。

windows10_start_tile

するとショートカットがスタートメニュー内のタイルとして登録されます。

こうしておけばいつでも気軽にコントロールパネルを呼び出せるようになります。

Windows Updateをはじめ、いくつかの設定の管理がコントロールパネルではなく「設定」に移っていますが、まだまだ出番は多いです。特に7より以前のWindowsを扱い慣れた人にとっては、新しいUIの設定を使うよりも何がどこにあるかわかって便利ですよね。

関連記事

  1. windows_pc
  2. keybord_shutdown

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。