テクノロジー観測所

Technology Observatory(テクノロジー観測所)は"初心者を卒業した(い)"人を対象とする情報サイトです。

これをずっと探してた!どのアプリがどれだけバッテリー消費したかを調べられるWindows10の標準機能

この記事は約55秒で読めます

スマートフォンならアプリを入れるだけで簡単に調べられるバッテリーの消費具合も、パソコンで見ようと思ったら大変です。

でも心配無用、ちゃんとWindows10の標準機能として実装はされてるんです。見つけにくいだけ。

設定の中に隠された項目

windows_10_settings_system

Windows10の設定から「システム」を選びます。

windows_10_settings_battery

「バッテリー」項目を選びます。

とてもクリックできるようには見えないでしょうが、バッテリー残量値の下の「アプリによるバッテリーの使用」という文字をクリックします。

この項目はバッテリーが搭載されている製品にしかありません。例として、デスクトップPCにはバッテリー項目はありません。

アプリごとにバッテリー消費具合がパーセント表示されます

windows_10_app_battery_consumption

どのアプリがどのぐらいバッテリーを消費したかがパーセントで表示されます。

期間を変更すればより詳しい傾向がわかると思います。

ただしパソコンを電源に繋いでいる間の消費量はここには反映されません。あくまでもバッテリー駆動中(電源に繋いでいない間)に消費した量だけが記録されます。

ストアアプリはバックグラウンドでの駆動を制御可能

windows_10_store_app_background_battery_saver

一部のアプリはこのように、クリックするとバックグラウンドでの駆動を制御できる項目が置かれています。

たぶんですがWindowsストアにあるアプリが対象なんじゃないかと思いますが、プリインストールアプリも制御できるものがありました。

関連記事

  1. windows10_control_panel

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。